何でも見てやろう!瀬戸内海の小さな旅!

瀬戸内海を気の向くままドライブ! 名所、イベント、自然、街並み、建築物、夜景などなど、何でも見て回ります! 写真撮りの旅!

道後温泉(愛媛県松山市道後湯之町)

道後温泉本館道後温泉は日本最古の温泉で、日本書紀万葉集にも出てきます。聖徳太子も訪れたそうです。夏目漱石も通っており、小説「坊っちゃん」にも書かれています。国指定重要文化財ミシュランガイド2つ星。

f:id:nagisa777aoi:20190713171921j:plain



 

道後温泉駅前の放生園(ほうじょうえん)。神社の境内の放生池を埋め立てた広場で、坊っちゃんからくり時計、足湯、柳原極堂句碑、森盲天外句碑、正岡子規像などがあります。

f:id:nagisa777aoi:20190713171945j:plain



 

坊っちゃんからくり時計。

f:id:nagisa777aoi:20190713172004j:plain



 

このからくり時計は、30分ごとに、音楽とともにせり上がり、扉が開き、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の登場人物のキャラクターが出てきます。

f:id:nagisa777aoi:20190713172021j:plain



 

道後温泉駅伊予鉄道城南線松山市内電車線の駅で、観光で人気の坊っちゃん列車の終着駅でもあります。

f:id:nagisa777aoi:20190713172040j:plain



 

坊っちゃん列車は、今から120年以上前に松山市を走っていたSL(蒸気機関車)です。夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場することから、名付けられました。

f:id:nagisa777aoi:20190713172059j:plain



 

坊っちゃん列車は、SLの復元ですが、実際の動力はディーゼルで、路面電車です。松山市内の観光スポットを巡る移動手段となっています。

f:id:nagisa777aoi:20190713172118j:plain



 

「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれている、道後温泉商店街の入口。「私のことを笑わせてくれる人が大好きです。本当に笑うことが、私にとっては一番好きなこと。笑いはたくさんの病を治します。人にとって一番大切なことではないでしょうか」(オードリー・ヘプバーン)。オードリー・ヘプバーンについては、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20190713172135j:plain



 

人力車や、観光親善大使の温泉むすめ、「道後泉海(どうご・いずみ)」のキャラクターが描かれた電気三輪車「道後トライシクル」(レンタル)で観光地を巡ることができます。

f:id:nagisa777aoi:20190713172156j:plain



 

「道後ハイカラ通り」。道後温泉駅から道後温泉本館まで続く商店街です。

f:id:nagisa777aoi:20190713172215j:plain



 

雑貨店に入ってみました。夢蔵人(ゆめくろーど)は全国展開の雑貨店です。本社は株式会社寺子屋京都市)。

f:id:nagisa777aoi:20190713172233j:plain



 

様々な雑貨があり、時間が経つのを忘れるくらいです。色彩豊かな図柄のハンカチは、芸術品の趣があります。

f:id:nagisa777aoi:20190713172249j:plain



 

道後ハイカラ通りの各商店の建物は、明治時代の仕様に改築されており、明治のロマンを感じさせてくれます。

f:id:nagisa777aoi:20190713172307j:plain

 aiko「飛行機」