何でも見てやろう!瀬戸内海の小さな旅!

瀬戸内海を気の向くままドライブ! 名所、イベント、自然、街並み、建築物、夜景などなど、何でも見て回ります! 写真撮りの旅!

笠岡市立竹喬美術館(岡山県笠岡市六番町)1

笠岡市立竹喬美術館。笠岡市出身の日本画家・小野竹喬(おの・ちっきょう)の業績をたたえるため、昭和57年にオープンしました。

f:id:nagisa777aoi:20190513090523j:plain





 

小野竹喬の石碑。「虚心になると自然は近づいてくる」。小野竹喬(明治22年11月20日~昭和54年5月10日)は生涯自然を描き続けた日本画家。京都美術専門学校教授。日本芸術院会員。文化功労者(昭和43年)。文化勲章受章(昭和51年)。

f:id:nagisa777aoi:20190513090542j:plain





 

ホールの上部には、小野竹喬の印章が大きくデザインされています。小野竹喬は、14歳から89歳に至るまで、生涯、新しい風景画を追求し続けました。

f:id:nagisa777aoi:20190513090601j:plain





 

小野竹喬の写真。下のケースには、文化勲章が展示されています。「この小野竹喬の写真と一緒に撮ってあげましょうか」と館員の方に言われたので、恐縮しましたが、「大丈夫ですよ」とのことで、お願いしました。良い記念になりました。

f:id:nagisa777aoi:20190510212807j:plain



 

ミュージアムグッズ。小野竹喬の作品のカレンダー、色紙、額、掛軸、絵葉書、本などが販売されていました。絵葉書を買いました。

f:id:nagisa777aoi:20190513090621j:plain





 

小野竹喬 「奥の細道句抄絵 あかあかと日は難面(つれなく)もあきの風」 昭和51年文化勲章受章時の作品。(購入した絵葉書より)。

f:id:nagisa777aoi:20190513090636j:plain





 

小野竹喬 「樹間の茜」 昭和49年。(購入した絵葉書より)。

f:id:nagisa777aoi:20190513090651j:plain





 

笠岡市立竹喬美術館1階。左は視聴覚室。右は展覧会会場。「比庵さんが目指した万葉の世界」開催中(6月30日まで)。

f:id:nagisa777aoi:20190513090711j:plain





 

2階への階段から、中庭を撮影。2階は小野竹喬の作品が展示されていました。

f:id:nagisa777aoi:20190513090730j:plain
JUJU「また明日...」