気ままにドライブ!瀬戸内海の小さな旅 

瀬戸内海を気の向くままドライブ! 名所、祭り、イベント、自然、街並み、建築物などなど、ささやかな写真撮りの旅! 

松島詩子記念館( 山口県柳井市柳井津)2

柳井市町並み資料館正面。2階が松島詩子記念館。 

f:id:nagisa777aoi:20181006211539j:plain

 

 

 

柳井市町並み資料館前にある、明治の文豪・國木田独歩胸像。

独歩の詩題、「山林に自由存す」が刻まれています。

明治23年、独歩の父が書記官として柳井津区裁判所に転勤になったので、

独歩は明治24年~27年に、柳井市や隣の田布施町に居住し、大分に行ったり上京したりしました。

この頃、独歩の複数の小説のモデルとなる、初恋の人、石崎トミと出会いました。

f:id:nagisa777aoi:20181006211607j:plain

 

 

 

松島詩子が昭和7年に、デビュー曲「ラッキーセブン」で日本コロンビアから、

歌手デビューした当時の写真。当時の歌手名は「柳井はるみ」。

昭和10年キングレコードに移籍して、「松島詩子」の歌手名になりました。

f:id:nagisa777aoi:20181006211623j:plain

 

 

 

頭取室の愛用のピアノ。昭和7年、松島詩子が歌手デビューした頃、

初めて月賦で買ったピアノ。当時で20円でした。

松島詩子はこのピアノを終生愛用しました。

f:id:nagisa777aoi:20181006211650j:plain

 

 

 

松島詩子の自宅の居間を再現。

f:id:nagisa777aoi:20181006211705j:plain

 

 

 

松島詩子のステージ用装飾品。松島詩子自身は宝石類には興味がなく、

周囲の薦めるままに、身につけていました。

f:id:nagisa777aoi:20181006211725j:plain

 

 

 

 

松島詩子自筆の短歌(昭和20年代)。

f:id:nagisa777aoi:20181006211749j:plain

 

 

 

松島詩子の少女時代から、高等女学校教員時代、歌手時代、

晩年に至るまでの、写真や資料が展示されています。

f:id:nagisa777aoi:20181006211806j:plain

 

 

 

 

 

昭和35年発売の「マロニエの木蔭」の最初のLPレコード。

松島詩子55歳。

f:id:nagisa777aoi:20181006211736j:plain

 松島詩子「マロニエの木陰」