気ままにドライブ!瀬戸内海の小さな旅 

瀬戸内海を気の向くままドライブ! 名所、祭り、イベント、自然、街並み、建築物などなど、ささやかな写真撮りの旅! 

宇野千代の生家( 山口県岩国市川西)

11月26日(日)、岩国市出身の作家、宇野千代の生家を訪れました。実家は酒造業で、宇野千代は裕福に育ったそうです。

宇野千代の生家については、こちら。
宇野千代については、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20181007175828j:plain

 

 

約300坪の庭には、宇野千代の好きなモミジが、約50本植えられています。

f:id:nagisa777aoi:20181007175845j:plain

 

 

宇野千代生誕120年記念特別展が開催されていました。

同展関連資料は、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20181007175859j:plain

 

 

生家には、宇野千代の写真や文机、古時計など、所縁の品が展示されています。

f:id:nagisa777aoi:20181007175912j:plain

 

 

庭には仏頭が鎮座している。宇野千代が骨董屋から買ってきて据えたそうです。骨董屋は、売り惜しんだのですが、「先生のお顔とよく似ています」と言って、ついに売ってくれたそうです。

f:id:nagisa777aoi:20181007175925j:plain

 

 

縁側に座ると、多数のモミジが癒してくれて、心にやすらぎを与えてくれます。

f:id:nagisa777aoi:20181007175941j:plain

 

 

庭には、小道が造られており、宇野千代はこの小道を毎日わら草履をはいて行き来しました。手前のベンチは錦帯橋の木材でできています。地元の宇野千代ファンが、錦帯橋の架け替えの時、取り替えの橋の古い端材を入手し作ったそうです。

f:id:nagisa777aoi:20181007175954j:plain

 

 

庭には、宇野千代の著書「残っている話」(集英社・昭和55年)から引用した文学碑もあります。宇野千代の実家、宇野家の祖先は、玖珂の鞍掛山の城主、杉隆泰の家老でした。「残っている話」は、宇野千代が自らのルーツをたどった作品です。

文学碑の文面は、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20181007180010j:plain

 

 

 

宇野千代とともに、記念撮影もできます。

その他の写真は、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20181007180022j:plain

 宇野千代の代表作「おはん」の主題歌を五木ひろしが歌っています。こちら。