何でも見てやろう!瀬戸内海の小さな旅!

瀬戸内海を気の向くままドライブ! 名所、イベント、自然、街並み、建築物、夜景などなど、何でも見て回ります! 写真撮りの旅!

紅葉谷公園( 山口県岩国市)

紅葉谷公園内の永興寺の前を、先生の引率で通る小学生。

f:id:nagisa777aoi:20181118085407j:plain

 

 

公園内には、朝鮮ゆかりの石像や建築物があります。韓国からの団体客が、多数来ていました。自分の周囲はみなハングル語、という状況です。

f:id:nagisa777aoi:20181118085420j:plain

 

 

山へ続く奥深い公園を、人々に混じって、ゆっくり散歩。「しがらみで、また働くことになったが、昨日で4日目の勤務。人生なかなかゆっくりできないものだな。Facebookは、時々のアップになるが、続けよう…」などと、思いを巡らせていると、パク・シネが、向こうから、やって来ました! ……近くで見ると、少しだけ似ていました。パク・シネは、こちら。
f:id:nagisa777aoi:20181118085442j:plain

 

 

空が紅葉で、染まっているみたいです。

f:id:nagisa777aoi:20181118085456j:plain

 

 

1918年に、韓国からやって来た、「六角亭」。

「六角亭」については、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20181118085555j:plain

 

青と緑と赤のコラボ。

f:id:nagisa777aoi:20181118085520j:plain

 

 

朝鮮高麗王朝時代の、「文人石」。

文人石」については、こちら。

f:id:nagisa777aoi:20181118085617j:plain

 

 

宇野千代の小説、「おはん」の文学碑。宇野千代の生家は、錦帯橋から錦川を少し下った川西地区にあります。

「おはん」の文学碑の碑文は、こちら。
f:id:nagisa777aoi:20181118085643j:plain

 

 

広場から「六角亭」を望む。

f:id:nagisa777aoi:20181118085657j:plain