何でも見てやろう!瀬戸内海の小さな旅!

瀬戸内海を気の向くままドライブ! 名所、イベント、自然、街並み、建築物、夜景などなど、何でも見て回ります! 写真撮りの旅!

2018-07-03から1日間の記事一覧

壇ノ浦古戦場・赤間神宮(山口県下関市)5

赤間神宮・神殿。側には、安徳天皇と平家一門の墓があります。 赤間神宮・芳一堂。小泉八雲の「怪談」にも出てくる盲目の琵琶師、「耳なし芳一」の像があります。 MIINA「語るなら未来を」

壇ノ浦古戦場・赤間神宮(山口県下関市)4

赤間神宮神殿前の境内は、中国からの団体客であふれていました。 赤間神宮・境内、水天門。赤間神宮は、壇ノ浦古戦場から約1キロ離れたところに建立されました。 ペドロ&カプリシャス「別れの朝」

壇ノ浦古戦場・赤間神宮(山口県下関市)3

赤間神宮。壇ノ浦合戦で平家一門と共に入水して亡くなった安徳天皇(八歳)が祀ってあります。幼くして亡くなった安徳天皇を慰めるため、龍宮造りにしてあります。 赤間神宮・水天門。水天門は竜宮城を模して造られました。二位の尼が安徳天皇と入水する際、…

壇ノ浦古戦場・赤間神宮(山口県下関市)2

長州砲(カノン砲)の原寸大レプリカ。馬関戦争で使用された、長州藩の壇ノ浦砲台の大砲。後方の大橋は、九州(北九州市門司)と本州(下関市)に架かる関門橋です。 壇ノ浦に面した、みもすそ川公園。中央の碑は、作家・松本清張文学碑。「半生の記」に幼少…

壇ノ浦古戦場・赤間神宮(山口県下関市)1

壇ノ浦古戦場跡。八艘飛びの源義経(左)と錨を抱き海峡に沈んだ平知盛(右)の像。壇ノ浦(関門海峡)合戦で、平家は滅亡しました。 壇ノ浦(関門海峡・対岸は北九州市)。平安時代末期の寿永4年3月24日(1185年4月25日)、この壇ノ浦の海上で、…